痛風予防でヘルスケアライフ|意識して改善マイライフ

薬

誰でもかかる可能性

医者

痛風は贅沢病と呼ばれ、お金があり美味しい物をたくさん食べるスポーツ選手などに特有の病気というイメージがありますが、粗食の人でも発症する可能性はあります。実際、食生活が豊かではなかった古代の人もかかっていました。

Read More

発作を起こさない

Supplements

痛風の発作を起こさない取り組みとして現在用いられている方法の一つに、プリン体の摂取を控えるというものがあります。また、出来るだけお金をかけず、簡単に尿酸値を下げる方法としては水をよく摂取するということが挙げられます。

Read More

健康食品で痛風予防

Supplements

健康食品でも痛風予防する事ができます。そこで、気になる金額ですけど、数百円から数千円ぐらいですので、比較的安い物が多いです。また、健康食品は一気にブームになってきたものと言えます。

Read More

痛風を予防する

痛風とは

Supplements

痛風とは尿酸が体内にたまり、結晶化することにより関節炎などの症状を伴う症状です。現在では国内に約60万人の患者がいると言われており、患者の90%が男性で年齢も40代から50代の人となっています。これは男性の方が女性より尿酸値が高いことが要因であり、40代以上に多いのは基礎代謝が落ちる年齢であることが要因となっています。尿酸値が高いと健康診断で言われて人は、病院へ通院して薬を処方してもらう必要があります。薬を飲むだけでは不十分で生活習慣を見直す必要があります。まずカロリーを抑えた食事にする必要があります。肥満度が高いほど尿酸値が高くなる傾向があります。アルコールが体の中で分解されると尿酸ができるためできるだけ飲酒量を控える必要があります。

予防法について

また水分を十分にとることも必要です。目安としては1日2リットル以上の水分をとり、尿がでるようにします。体内の水分が減ると尿酸値が高くなります。継続して軽い有酸素運動を行うことも有効で、これにより肥満を解消でき尿酸値もおさえられます。目安としては20分以上の軽いウォーキングなどを週3日以上行うと良いです。またストレスがかかると尿酸値が上がりますので、適度に息抜きが必要です。よくビールの飲み過ぎが痛風の原因と言われていますが、必ずしもそうではなくビールを飲まない人であっても痛風になる人はいます。尿酸が増えやすい体質の人がなるのであって一概にアルコールの摂取量によるわけではありません。痛風の初期症状の足指が傷むといった症状が出てきたら注意しましょう。